×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  アイテム»  »  FERNAND LEATHER "MICHIGANDER”

FERNAND LEATHER "MICHIGANDER”

Fernand Leather
フェルナンドレザー
 
1980年代入荷Steve Fernand氏がミシガン州BENZONIAを
拠点にニューヨークのAURORA SHOESの生産を手掛ける工場として現在のFernand Leatherの工房をスタートさせました。

 
現在ではAURORA SHOESの生産は一切やっておらず”Fernand Leather”のブランドで商品を手作りしています。

 
生産数の限界からサンダル類の卸はされておらず日本ではバッグ類及び小物類を展開しております。

 
彼の生みだすデザインはAURORA時代より非常に話題でシンプルで自然体であり、使い古した時のことを想定して物作りがされています。

  • FERNAND LEATHER "MICHIGANDER”

  • 型番・品番

    品名: MICHIGANDER

  • 販売価格

    50,600円(税込)

  • ポイント還元あり
    還元率はお支払方法によって異なります。
  • 在庫

  • サイズ

    US8E

    US9E

    ×
  • 購入数

カートに入れる(大)

  • "MICHIGANDER"
    《BROWN》
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    品名: MICHIGANDER
    素材: 牛革(ホーウィン社クロムエクセルレザー)
    ソール: ビブラムソール
    色: BROWN
    サイズ: US8E, US9E
    価格: ¥46,000(税抜)
    made in USA

     
    ホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用したレザーシューズ!MICHIGANDERはチャッカブーツの様なハイトがありシューレースで調節するのタイプとなります。クロムエクセルレザーは約80年前に考案された革の製法で手間と時間がかかるため、高価なモノとなります。表面のみ色が染まり、革の芯の部分は染まらない為別名「茶芯」とも言われます。クロムエクセルレザーは通常の革と異なり、油分の多い少ない部分で色ムラがあり、それにより奥ゆかしい上品で高級感のある表情を演出してくれます。唯一の弱点としては傷が付くと芯の茶色が出てくる為、傷が目立ちやすい!これを良しとするか否かは賛否両論ありますが、私個人の的には賛成派です。表面に油分が多く雨に強く、革の温度が上がると革が大変柔らかくなります。つまり履き心地が抜群に良いという事です。そして、ディテールに関しての特徴は土踏まずの部分がアーチ状に盛り上げられています。これにより足にフィットする事と、クッションの役割もあり履きやすさ向上にもつながっています。履いていくとこの盛り上がりは馴染んできて本当に丁度良くなります。履きやすさだけでなく、経年変化も抜群に良く、履きジワや色の変化も通常レザーとはひとあじ異なります。通常の革よりも厚みがあるため耐久性が高く、ソール交換も可能な為、長く愛用していただけます。ワイズはEワイズの為、日本人の足型にあった横広となっています。ファッション的にも合わせやすく、大人な雰囲気と高級感のあるこちらは間違いなくオススメのアイテムです!

     

     

     

     
  • *当サイトでは実店舗と在庫を共有している為、タイミングにより在庫数更新が間に合わず、ご注文頂いた商品が欠品となる場合がございます。
    大変ご迷惑をお掛けする場合がございますが、あらかじめご了承くださいませ。


    *商品画像について
    掲載した画像ですが、実際の商品に近い色で再現するように 勤めております。 しかしながらお客様のご覧になっているモニターの個体差により、 実際の商品と色味が異なる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

関連商品